共同利用施設

附属植物園

附属植物園および角間キャンパス内の「里山ゾーン」

昭和24年に金沢大学が発足し,金沢城址本丸跡地に理学部管理の植物園として供用を開始した。平成2年金沢大学が角間キャンパスに移転するに伴い,植物園管理研究棟を角間川沿いに設定することが決定した。平成7年4月,角間キャンパスに管理研究棟が完成し,圃場整も完了した。平成7年5月に供用を開始し現在に至る。植物園は,管理研究棟,温室,鉢棚上屋,圃場,池,水草用水槽等からなる。
植物園は角間キャンパス内にあり,管理棟・実験温室・実験圃場と自然園・環境保全自然林(「里山ゾーン」,74ha)から成る。実験圃場や温室では,学生実習用の材料栽培,発芽・交配実験などが行われている。「里山ゾーン」は,里山生態系に関する教育・研究に活用されるとともに,金沢大学「角間の里山自然学校」のフィールドとして地域住民に広く開放されている。