共同利用施設

能登大気観測スーパーサイト

私たちの住む東アジア地域では現在,大陸沿岸地域の活発な経済発展に伴い汚染物質の排出が進行し,黄砂現象や森林火災などと相まって,地球上で最も大気エアロゾルの濃度が濃いホットスポットの一つになっています。
それらの大気エアロゾルは大陸から噴き出す季節風などによって遠くわが国にも運ばれてくるわけですが,日本海におおきく突き出した能登半島の地形は東アジアを起源に持つエアロゾルの特徴を研究するのにうってつけの場所です。大気中の物質の輸送や化学反応過程を調べる上で,能登半島は大陸沿岸地域から付かず離れずの適度な距離にあり,日本海に障害となる目立った地形もなく,そのうえ先端部は国内の都市汚染の影響を受けにくいなど,質の高い試料やデータが得られる条件がそろっているのです。
我々はこのような地の利を持つ能登半島を「天然の環境センサー」にみたて,その先端に大気観測の拠点「能登大気観測スーパーサイト」を設けました。ここでは国内外の研究者が連携し,互いに共同で観測を行いデータの共有化を進めるなど,文字通り「最先端」の大気環境研究プラットフォームとして活用されています。