ウッズホール海洋研究所との共同研究の成果が公表されました。福島原発事故初期に放出された放射性セシウムの汚染水が海岸砂層へ進入し、陸域からの地下水の流出がないために保持されたことを示す論文です。環日本海域環境研究センター長尾教授を含むウッズホール海洋研究所との共同研究です。

掲載論文 
題名 UNEXPECTED SOURCE OF FUKUSHIMA DERIVED RADIOCESIUM TO THE COASTAL OCEAN OF JAPAN
雑誌名 Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America