Matsunaka_photo2

松中 哲也(まつなか てつや) MATSUNAKA Tetsuya

環日本海域環境研究センター・統合環境領域 助教

個人業績

【2019年7月19日更新】

専門分野

地球化学,陸水学,環境放射化学

研究内容

人類の核活動に伴って生成・放出されている長寿命放射性核種の129I(半減期:1570万年)と14C(半減期:5730年)の環境動態や生態系への移行に関する研究を行っています。主に核燃料再処理施設から放出され、越境汚染の1つである129Iの日本海域における降下量と海水中挙動を明らかにし、大気・海洋循環のトレーサーとしての利用性を検討しようと考えています。

略歴

株式会社静環検査センター 環境事業部 期間社員(2012/11-2013/03)

筑波大学 研究基盤総合センター応用加速器部門 研究員(2013/04-2017/03)

金沢大学 環日本海域環境研究センター 助教(2017/04-)