松木 篤(まつき あつし)MATSUKI Atsushi

環日本海域環境研究センター・大気環境領域 准教授

個人業績

【2019年7月19日更新】

専門分野

大気環境学,気象学

研究内容

黄砂やPM2.5に代表される大気中の微粒子(エアロゾル)とその気候,環境への影響について研究しています。日本海に大きくせり出した能登半島の先端には,当センターが運営する大気観測拠点「能登大気観測スーパーサイト」があり,近年は特にここを拠点とした長期的な観測研究に力を入れています。能登に飛来するさまざまな自然,人為由来の粒子について,個々の粒子レベルでの特性評価や,同位体化学組成に基づく発生源の推定なども行っています。

略歴

名古屋大学 環境学研究科 日本学術振興会特別研究員(2004/10/01-2005/03/31)
金沢大学 自然計測応用研究センター 日本学術振興会特別研究員(2005/04/01-2006/03/31)
ブレース・パスカル大学 物理気象研究所 日本学術振興会海外特別研究員(2006/04/01-2008/02/29)
金沢大学 フロンティアサイエンス機構 特任助教(2008/03/01-2012/03/31)
金沢大学 環日本海域環境研究センター 准教授(2012/04/01-)