• HOME
  • センター紹介
  • センター概要/沿革

センター概要/沿革

センター概要

 「環日本海域環境研究センター(旧自然計測応用研究センター)」は,環境放射能動態を主要テーマとする我が国唯一大学の研究施設である”理学部附属低レベル放射能実験施設”,電磁場の人体影響評価の研究等でユニークな磁気応用研究を展開してきた”工学部附属電磁場制御実験施設”, 多様性に富む生物環境を有する能登半島に位置し,研究・教育に実績をあげてきた”理学部附属臨海実験所”,植物学,生態学,遺伝資源保存活動,角間キャンパス内の「里山ゾーン」において研究・教育に成果をあげてきた”理学部附属植物園”の4施設を廃止,転換し,自然計測及び応用に関する研究で業績のある理学部および工学部教官を新たに加えて学内共同教育研究施設として設立された。
 2007年4月に,関連研究組織(日本海域研究所)と統合し,21世紀COEプログラム「環日本海域の環境変動と長期・短期の環境変動予測」の展開を担う研究機関として現在の名称に改称した。
 2015年4月に,環日本海域が直面する危急の環境問題を解決し,持続可能な世界の将来環境を創成する研究機関とするために組織改革を行い,4つの研究領域に再編された研究領域部門と国内外の研究機関との連携を推進する連携部門を設置した。また,環日本海域環境研究の拠点としての展開を目指し,文部科学省共同利用・共同研究拠点に申請し,「越境汚染に伴う環境変動に関する国際共同研究拠点」が認定された。2016年4月からは,能登半島地域の実験フィールドと国際共同観測ネットワークを学内外に広く開放し,越境汚染物質に関して大気—海洋—陸域間を統合した動態解析モデルの確立,および,ヒトの健康・生態系への影響評価と将来予測について共同調査・共同研究を展開する。

センター沿革

1949年5月
理学部附属植物園設立(丸の内キャンパス.1995年3月迄)
1958年4月
理学部附属能登臨海実験所設立(1993年3月迄)
1967年7月
日本海域研究所設立(2007年3月迄)
1975年4月
理学部附属低レベル放射能実験施設設立(2002年3月迄)
1982年4月
工学部附属電気エネルギー変換実験施設設立(1992年3月迄)
1992年4月
工学部附属電磁場制御実験施設設立(2002年3月迄)
1995年4月
理学部附属臨海実験施設に名称変更(2002年3月迄)
1995年6月
理学部附属植物園を角間キャンパスに移設
2002年4月
金沢大学自然計測応用研究センター設立(2007年3月迄)
2007年4月
金沢大学環日本海域環境研究センター設立(3領域8部門)
2012年7月
臨海実験施設が文部科学省教育関連共同利用拠点に認定
2015年4月
3領域8部門を2部門4領域に改組
2016年4月
文部科学省共同利用・共同研究拠点に認定